読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satopoooonのブログ

自分向けの備忘録

pycharm インストール

よく使う言語は、VB(A)、C#python、Rとか。

学生の時は、Fortran,Cとか使ってた。

 

流行りだからpythonのスキルを上げたい。

IDEvisual studioを使ってたけど、

pycharmに乗り換えて(python限定だけど)みる。

visual studioは重い気がして好きになれない・・・。

windowsmac、両方で使えるって理由のみでこれにpycharmを選びました。

 

インストールしてみる。

www.jetbrains.com

インタプリタは、anacondaを使用。

下記サイトからDLできます。

https://www.continuum.io/downloads

ver3.6をインストール

 

pycharmを起動すると下記の画面。

「Create New Project」を選択。

f:id:satopoooon:20170305022520p:plain

 

 次の画面で、Interpreterを選びます。

今回はanacondaを選択。

f:id:satopoooon:20170305022638p:plain

 

 以上

 

 

 

Spectacle インストール

windows だと画面のリサイズが結構簡単。

windowsキー」+「矢印」で色々できる。

職場のPCはwindowsだから、macでもやりたい。

探してみたら「Spectacle」ってやつで可能みたい。

インストールしたら、

「opt」+「command」+「矢印」でリサイズができるようになりました。

楽チン。

Eagles導入

回路図作成のため、Eaglesを使ってみた。

いくつかあるCADソフトの中で、Eaglesにした理由は、

OS X,Windows両方に対応しているという点のみ。

 

以下、忘備録として

・プロジェクトの新規作成

Projects/eagle 右クリックでnew project

プロジェクト名は日本語の方が良いみたい(文字化けする?)

 

・回路図の作成

プロジェクト名を選んで右クリックして「new→schematic

 

・libraryの選択

ツールボックス中のf:id:satopoooon:20170219000225p:plainを選択。

 

・libraryの名前

電解コンデンサ:rcl/CPL-EU

コンデンサ:rcl/C-EU

レギュレータ:v-reg/78XXS

端子:wirepad/2,15 1.0

GND/supply1/GND